自信を持つとどう変化するか考えてみた。

自信を持つとどう変化するか考えてみた。

吉野式記憶術では自信を持つことができますが、自信を持てると具体的にどんな影響が出るのか調べてみました。

精神的な余裕が生まれる

自分に自信を持てるようになると小さなことでは動じなくなります。逆に自分に自信が無い人は周りが噂話をしていたら、もしかして自分のことじゃないかと不安な気持ちになり、落ちかない状態になってしまいます。

仕事で何かをミスをするとそのことが頭から離れなくなり、さらにミスを重ねてしまう悪循環になりがちです。自信が無いととにかく周囲の評価や視線が気になってしまいますが、自信を持つことができればそれらを気にしなくても大丈夫になります。

人との関わりが楽しくなる

ネガティブな人は他人に対しておどおどしてしまうので、できるだけ人と関わりたくないって思ってしまいます。

自分に自信があれば、「自分はこんな人間です」とありのままの自分を出すことができるので、相手もありのままの自分を出そうとしてくれます。

そうなると人との関わりも楽しくなってきますし、より深い人間関係を築いていくことができますよね。

人に流されなくなる

自信が無い人は、自分の軸が無いため人の意見や考えに流されてしまいます。周りにいつも賛同していると協調性があると思われるかもしれませんが、人の意見に流れされることと協調性があることは全くの別物です。

イエスマンになってしまうと他の人から本当の信頼を得ることはできませんし、都合の良いように使われてしまうことも考えれます。時には自信を持って自分の意見を貫くことも大切ですよね。

周りを助けることができる

自分に余裕がないと自分のことだけで精一杯になってしまい、周りに目を向けることができなくなります。

もちろん自分のことに集中することは悪いことではありませんが、職場や学校でも周りのことを気遣える人っていますよね。そういった人は周りの信頼を集めることができますし、もしそんなあなたに何かあった時は必ず助けてくれると思います。

自信を持つことは自分のことだけではなく、周りも良い影響を与えることができるのが分かります。

容姿も変わってくる

自信を持っている人って表情がいきいきしていて、同性・異性に関わらず輝いて見えますよね。

同じ内容のことを話していても、自信が無い人は説得力に欠けてしまいますし、内面から湧き出てくる自信は自分の意見を通しやすくなります。

やはり人が自信を持つと色々な面で良い影響が出るので、できるだけ自信を持って生きていきたいですね。

TOPページを見る