難関試験の勉強時間はどれくらい必要なのか?

難関試験の勉強時間はどれくらい必要なのか?

多くの方が、一度は何か資格を取って、やりがいのある高度な仕事をしたいと考えると思います。

その場合に、資格と言っても、弁護士・公認会計士・司法書士・不動産鑑定士という難関国家資格から、簿記検定・行政書士・TOEICまで、本当に様々な資格が存在しています。

弁護士や公認会計士などの難関国家資格は大変そうだけど、簿記検定は簡単かなというような感覚的なイメージは持っていると思いますが、今回は、勉強時間と合格率から、各資格の難易度を考察していきたいと思います。

吉野式記憶術でさらにこの時間を短縮できるのなら、どれくらい時間が必要か逆算できますからね。

吉野式記憶術公式HP

難関試験はどれくらいになるのか?

この資格さえ取ってしまえば何とかなるだろうという資格たちです。わかりやすくしたいので1年は8760時間と考えておきましょう。

司法試験

裁判官、検察官、弁護士、この3ついわゆる法曹になるためにはこの試験を突破しなくてはなりません。しかし突破したらどれかの職業には必ずなれるので安定感は抜群です。

ではその勉強時間はというと一般に司法試験の合格に必要な勉強時間は3000~8000時間、中には10000時間と言われています。

寝ないで生活は出来ないので年単位でかかる試験といえるでしょう。

公認会計士試験

こちらも最難関の資格と言われています。仕事内容としては会計監査全てとなります。仕事内容は独占業務の「財務諸表監査」をはじめ、財務・経理、株式公開支援、会計コンサルティングなど多岐にわたることになります。

そして肝心の勉強時間は公認会計士試験の勉強時間は、3,500時間が一つの目安となっています。

最短合格を狙う場合でも、最低2,500時間の勉強時間が必要。受験期間の設定は1.5~2年が一般的で、2年間で考えると1日あたりの勉強時間は平均5時間と言われています。

難関試験だけが試験ではない

この2つに関しては試験さえ通ってしまえばその後の人生が大きく楽になるものです。数年単位で勉強しなくてはならないものですが、テストというのは所詮暗記です。

吉野式記憶術で記憶力が上昇している状態なら通常よりも加速度的に早く達成できます。

しかしそんな時間をかけることの出来ない社会人の方もいたりするはずです。その際は業務に必要でなおかつ試験時間もかからない資格があるはずです。

そういうのを見つけて受けてみたほうが効果的といえるのかもしれません。それを見つけていましょう。

吉野式記憶術公式HP TOPページを見る